전체상품목록 바로가기

본문 바로가기

TATIAS

Search

ロケーション : ホーム > CZ紹介

キュービックジルコニウムは酸化ジルコニウムを原石とし組成した人工ダイアモンドで、一般的にキュービックと言われ、略称としてCZと呼ばれることもあります。CZは酸化カルシウムなどで安定化させ等軸晶を維持しています。

酸化ジルコニウム原石にセリウム、クロム、ニッケルを追加すると、それぞれオレンジ、赤、緑、茶色のキュービックジルコニウム原石を生成します。高温では等軸晶の結晶構造を持ち、冷めると正結晶系、ひし形、単斜晶などの結晶構造を構築します。
ダイアモンドを代用するには等軸晶を維持しなければならないので、酸化カルシウムと酸化イットリウム等をいて安定化させます。この時、酸化カルシウムとイ酸化イットリウムの組成に応じて原石のモース硬度が異なります。モース硬度が高ければ高いほど良質で、おおむねモース硬度は8.0~8.5です。
外観上、ダイアモンドととても似ており、輝きも似ています。一方、硬度においてはダイアモンドに比べかなり低いため、古くなるとぼやけることがあります。CZは最高のダイアモンド代用品として、価格も安くファッションジュエリーに一般的に多く使われます。TATIASのチタンリングにはCZとしてスワロフスキーのシグニティホワイトストーンが基本的にセッティングえされます。
 

TATIASのホワイトストーンが入るチタンリング前のモデルには基本的にはSwiss Signity上Cubic Zirconia(CZ、通常のキュービックといいます)が設定されます。

スイスシグニティ社のCZは、200年のノウハウをもとに、宝石加工の新紀元を成し遂げたという評価を受けています。
シグニティは2008年、ENLIGHTENED(TM) - Swarovski Elementsにブランド名を変更しスワロブスキーのエレメントとして編入されました。
ENLIGHTENED(TM) - Swarovski Elementsは、スワロフスキーの精密カットの天然石及び細孔宝石類のための新製品のブランドです。
各ストーンは色、品質、仕様、カットの形の厳格な基準に基づいて処理され、通常CZよりも優れたクオリティの石を供給しています。
スイスのホルゲンに本社があるENLIGHTENED(TM) - Swarovski Elementsのストーンは、カットの対称比率、研磨の状態、サイズ、形状における一つのパラダイムとして認められています。
TATIASのホワイトストーンが入るチタンリング前のモデルには基本的にはSwiss Signity上Cubic Zirconia(CZ、通常のキュービックといいます)が設定されます。

WORLD SHIPPING

PLEASE SELECT THE DESTINATION COUNTRY AND LANGUAGE :

GO
close