전체상품목록 바로가기

본문 바로가기

TATIAS

Search

ロケーション : ホーム > 誕生石
 
ガーネット,ガーネット、別名ざくろ石は1月の誕生石で、ルビーのような赤い光を放ちます。そのため、ガーネットとルビーを混同することが多々あります。ガーネットといえば透明な茜色のストーンと思われがちですが、これは赤色をはじめ、オレンジ、黄色、茶色、黄緑、緑、紫、透明、黒など、青を除いた様々な美しい色を持つストーンを意味します。ガーネットは古くから知られていて、イエス誕生の数千年前から使われた宝石で、聖書にはアローンの鎧の胸当てに使われた12の宝石のうちの1つと記録されています。ガーネットとは、ラテン語のgranatusに由来する言葉で、を意味します。原石の形とその色は、小さな赤色のストーンが鈴なりに連なった様がよく実ったざくろの実と似ているため、ざくろ石と呼ばれるようになりました。ガーネットは、愛、成功、名誉を表します。これらは実りの象徴とされています。西洋では赤いガーネットは解熱剤として、黄色は黄疸症の特効薬として使用されたと言われています。困難や危険を妨げてくれると信じられ、旅に出る際にはガーネットを身に着けていたと言われ、常に健康を保ってくれる神秘的なパワーがあると信じられています。昔から死から身を守ってくれると信じられ、十字軍の際、ストーンは戦闘地に向かう兵士たちに大きな勇気を与えました。また、ガーネットは王権を象徴する宝石で王冠にも多く使用されています。
アメジストアメジストは、誠実と精神の安定を象徴する2月の誕生石です。これは無色に近い薄紫色から濃い紫色にいたる石英の一種で、半貴石の中では最も人気のあるストーンです。このストーンは表面の光沢はあまりありませんが、幅広いトーンの色があります。アメジストは、18世紀以前には貴族や金持ちを象徴するストーンとされる貴重な宝石でした。しかし、その後南アメリカで大粒のアメジストが発掘され希少価値が下がりましたが、それでもやはり半貴石の中では今も良質のアメジストと比べ物になるストーンはありません。昔から紫色は貴族の色とされてきました。その理由は、紫色染料を貝から採取する過程がとても難しく、とても貴重だったため、王族や貴族だけが紫色の服を着ることができたど言われています。昔、西洋ではアメジストを身に付けていると、いくらお酒を飲んでも酔わないと信じられてきました。その時代にアメジストとは偉大な力を持つストーンとして認められました。アメジストを身体に飾ると、邪悪な心がなくなり知能指数の高い落ち着いた賢い人になれるという伝説が受け継がれています。また、戦争に出た軍人は銃弾を避けることができ、老兵の勝利を助けたといわれています。感染症からも身を守り、アメジストはストーン自体の美しさだけでなく、ストーンが持つ隠れたパワーを大切にする宝石として知られています。
アクアマリン 澄んだ青い海を連想させるストーン、そして耳に当てると波の音が聞こえてくるような清涼感を与える宝石がまさにアクアブルーの緑柱石であるアクアマリン、すなわち3月の誕生石です。アクアマリンという単語自体が、水を意味するアクア(Aqa)と海を意味するマリン(marine)を組み合わせたもので、宝石の名前から青い海の水を連想することができます。アクアマリンは、美しい若さと幸せを象徴し、希望と健康を招くと言い伝えられてきました。中世の人々は、アクアマリンが深い洞察力と未来を読む力があると信じていました。また、アクアマリンは悪を払う力があるとされ、アクアマリンを水に浸け、その水で目を洗うと目の病気が治ると信じられ、現在でも実際に使用する人がいます。息が上がる症状やしゃっくりがひどいときにこの水を飲むとすぐ収まるとされ、食べ過ぎの際の消化剤の役目をしていたと言われています。最近若い層のアクアマリン愛好家が、このストーンを持っていると人とのコミュニケーション能力が高くなり、恋人や友人ができると言われています。せっかちな性格の人がアクアマリンの指輪をつけると、心が落ち着き疲れが取れると言われています。飛行機や船で海外に出る際、西洋では多くの人々がアクアマリンを身につけていました。15世紀までアクアマリンは10月の誕生石とされていましたが、現在は3月の誕生石と通用されています。
ダイヤモンド宝石の王様ダイヤモンドは、炭素の結晶物に過ぎませんが、地球上に存在する天然鉱物の中で最も硬いと知られています。ほとんどは火山噴火口で生成され、火山爆発により周囲に散らばり、山の岩やストーンの間、稀に川で採取されることもあります。世界的にダイヤモンドは中央アフリカとロシアに最も多く分布しています。通常1カラットのダイアモンド一粒を生産するためには、250トンの砂利と石を採取しなければならないほど難しく大変な作業が必要なため、その価値はさらに高くなります。ダイヤモンドは昔、氷がストーンに変わったと言われていました。砂漠でのどの渇きにあえいでいた母親がダイヤモンドを入れた蜂蜜を飲むと、ぐったりした瀕死の子どもに母乳を与え子どもを守ったという伝説があります。そのため、女性たちはダイヤモンドを必ず身に着けなければならない守護石と考えられてきました。また、勝利と成功の頂点を象徴する宝石として、王の頭にはなくてはならないストーンと考えられ、主に王冠の中央部分に使用されてきました。古くから富と幸福をもたらしてくれる幸運の象徴と考えられ、現在も結婚するとき使用する意味はまさにこのような信仰から来たものでしょう。
エメラルドはベリル( Beryl )という鉱物の中で最も代表的な緑色の宝石として、大自然の美しさを誇る緑の象徴の宝石です。緑Stoneの王に選ばれるエメラルドは、多くの宝石の中で最初の装飾用に書かれており、エジプトの女王クレオパトラが最も楽しんでいた宝石でもありました。エメラルドは高価に属する宝石で、かつてはこれをつけていると愛が変わらず、今後の将来を予測する能力が生じるし、愛用されてきました。また、人々はエムラルドを身につけていると誰もが真面目になって正直になり、無駄を止め、徐々に富を享受するようになると信じていました。良質のエメラルド色は、まるで新しく湧いてくる草の葉のように美しく、明るい緑色を帯びています。エメラルドの強度はモーススケールで7.5-8であり、その割合は2.67-2.75です。
真珠は海で発見された宝石で健康と長寿、そして富を象徴する誕生石です。貝殻の中で息をつきながら生きている宝石、それが神秘的な輝きで多くの人々の愛を受ける真珠です。真珠がこのように長年万人の愛を受けることになったのはひたすら誕生の痛みを耐えた結果です。真珠は淡水と海の軟体動物、すなわちカキとムラサキイガイなどで生成されます。砂粒や、あるいはどのような寄生物が貝の中に入った場合、本Stoneを包もうと努めて分泌し、その体液がたまって行われた苦痛の塊がまさに真珠なのでしょう。ダイヤモンドが宝石の王様なら、パールは天然の宝石の女王と呼ばれます。その理由は、 BC 3500年前から今まで変わらず、その価値を維持してきたもので、東西はもちろん、老若男女を問わず誰にでも一様に愛されているからです。天然真珠は、ペルシャ湾をはじめ、スリランカ、紅海、少ない量だが、ベネズエラの海岸でも収穫され、大西洋のほぼすべての島の海岸でも見ることができます。日本やオーストラリアの北西沿岸では養殖の真珠を最も多く収穫されています。真珠は大きければ大きいほど価格の差が大きくなります。したがって、養殖真珠業者が真珠を大きくしようとフォームの期間を延長したりすると丸い形が歪みやすくなります。しかし、歪んだ真珠より小さくて丸い真珠の方がより価値があります。6 - 7mmサイズの真珠の生産量は比較的多い方ですが、8mm以上になると、やはり希少価値が向上します。
真珠は宝石用原石の形態上の設定が不可能であり、6月の誕生石は真珠の代替誕生石にピンクサファイアが存在します。 6月の誕生石であるお客様は、ピンクサファイアを選択してください。
ルビーは、情熱的な愛情を示す愛のStoneに7月の誕生石です。ルビーとはラテン語のルブ( Rubrum )から由来した言葉であり、赤いという意味を持っています。コランダム( Corundum )、すなわち酸化アルミニウムコランダムの中で赤色の透明Stoneをルビーと呼び、その他のものは全てサファイアと呼びます。ルビーはコランダムの中で最も高価で扱われる非常に美しい宝石です。ルビーとサファイアはコランダムの中で兄妹のようなStoneとして、もし品質でも研磨の状態、重さが同じだとすれば断然サファイアよりルビーの価格が格段に高くなります。その理由は、やはりルビーの希少価値があるからです。昔はルビーが太陽を象徴する神秘的なStoneであり多くの人々は、これを所有すれば、健康はもちろん、富と生活の知恵も持つことができる祝福を受けると信じてきました。そしてルビーの指輪を左の手にはめたり、ルビーのブローチを上着の左に飾れば、自分の敵から解放され、心に平和をもたらしてくれると信じていました。血色と和色が合わさったルビーは、所有している人に勇気を盛り上げてくれて体に傷を受けないように保護してくれる役割をします。また、傷を負って血を流す人には止血をさせる作用もあるそうです。ルビーは、クラウンを製作するのにダイヤモンドが付いているどのジュエリーよりも多く使われる宝石といえます。
ペリドットは黄緑色の透明な美しい宝石に私たちの言葉ではカンラン石( 橄欖石 )と呼ばれます。カンラン石( 橄欖石 )はサードニクス( Sardonyx ) 、すなわち、赤縞瑪瑙と一緒に8月の誕生石に対応します。夫婦の幸福、友人との和合をもたらすというペリドットは溶岩を作る鉱物の一つです。そして時には隕石の中でも発見されます。したがって、多くの宝石の中でもペリドットだけが宇宙から与えられた唯一の宝石なのです。ほとんどの隕石は小さいもので、地上に降りてくる時に、地球の大気の中で吸収されてしまうが、少数が地面に落下します。隕石は、鉄隕石と石質の天隕石、そして石質隕石などの3種類がありますが、大きな隕石が地面に衝突すると爆発します。最近では、大きなペリドットは入手も容易ではないです。したがって傷のない大きなものは、その価格も侮れません。しかし、小さいものは簡単に入手できます。サイズが小さすぎる関係で宝石としての役割をするにはあまり魅力がないとする見方もあります。昔はすべての人の愛を受けたまた、多くの迷信に囲まれた宝石でした。かつては、 Stoneは、太陽が人間に送ってくれたStoneといって、人々はペリドットをお守りのように身につけたら恐ろしい闇と恐怖、心配、悪夢から逃れることができると信じていました。ペリドットを金で装飾されたブレスレットを作って、男性は左の腕に、女性は右の腕に、ブレスレットをつけると、すべての悪を避けることができると信じていました。数十億年も宇宙を回っていた宝石で指輪やネックレス、ブレスレットを作って体に持つと考えると、幸運を呼ぶことができるでしょう。
サファイアサファイアは、澄んだ秋の空を連想させる青い宝石で、9月の誕生石です。サファイアは青色が絶対的に多く、ルビーに比べて含有物が少ない為透明度が高く、ルビーよりも大きな原石が産出されます。世界最大のサファイア原石は2千3百2カラットで、1935年にオーストラリアで採掘されたとの記録があります。サファイアは、人望と慈愛、そして誠実と真実の象徴とされ、バチカン教皇庁の枢機卿全員がサファイアリングをはめていたそうです。 聖職者の右手中指にサファイアリングをはめる習慣は、12世紀にレネス司教によって始められ、その後長く伝統として受け継がれ 、今ではサファイアは教会の象徴として使われています。聖書に出てくる十戒がサファイアに刻まれていたという一説もあります。昔は、サファイアはルビーと共に治癒力のある宝石だと信じられてきました。誰であれサファイアを身につければ悪から開放されると信じられていました。また、ある深刻な眼病にも効能があり、サファイアを目に当てるだけで病状が改善されたとも言い伝えられています。サファイアは空を象徴する宝石としても有名です。
オパールは、まるで虹を見ているかのような美しい色々を秘めた、10月の誕生石です。 石の中から噴水のように湧き上がるきらびやかな色は、オパール以外の宝石では見受けられません。したがって、オパールと他の宝石を区別するのは非常に簡単です。オパールは、ギリシャ語のオパリオス(Opallios)から来た言葉で「尊い石」という意味を持っています。 オパールは、見る角度によって様々な色の変化を示し、この色が変化する現象を「色の遊戯」と名付けて表現しています。これは、遊色効果を示した言葉でしょう。このような色の遊色現象に応じて、オパールの品質は大きく異なります。 オパールは、長い年月が経過すると、不透明になり遊色効果が減少し、場合によっては白く変化することもあります。また、オパールは他の宝石に比べて薬品に弱い性質があり、硫酸に浸すと黒に変化する性質を持っています。そしてオパールの寿命と、その価値は遊色効果の強さに応じて決定されます。
オパールは原石の形態上セッティングが不可能で、10月の誕生石には、オパールの代替誕生石としてアクアトパーズが存在します。10月がお誕生日のお客様は、アクアトパーズをお選び下さい。
トパーズ澄んだ美しい鉱石の一種であるトパーズは、11月の誕生石です。 希望と潔白、そして友愛を象徴するトパーズは、まるで虎の目のような茶色かと思えば、孔雀の目のようなピンクでもあり、いたずら好きな猫の瞳を連想させる緑色であることもあります。また、アクアマリンのような青い色もありますが、やはり淡黄色が最も代表的なトパーズの色と言えるでしょう。かつて、透明な黄色い石を、一概にトパーズと呼んでいた時期があったそうです。トパーズは非常に貴重で、美しい宝石です。 しかし、「イエローシトリン」のような採掘量が多い黄色い石が長い間、トパーズとして売買取引きされて来た結果、トパーズが徐々に貴重ではない、一般的な宝石として誤って認識されてしまいました
トルコ石 はラピスラズリと共に人類に最も長く愛されてきた宝石です。トルコ石を意味するフランス語のピエールターコイズ( Pierre Tourques )から由来した名前です。13世紀に名付けられたこのトルコ石という名前は、おそらく、最初はトルコを経由してヨーロッパに運びこまれたという事実を反映したものではないかと思われます。アメリカンインディアン達は、トルコ石に空と海の神が宿ると信じ、神聖さと強さの象徴として大切にしてきました。アパッチ族は、トルコ石を弓や銃砲に混ぜて使用すると、戦士達の技術の精度が増すと信じていました。トルコ石の装飾品は、富と地位を象徴しています。エジプトの王族がBC5500年代初期にトルコ石の宝石を身に着けており、中国の芸術家たちは、3000年前にトルコ石を彫刻にしていたという考古学的遺跡も発見されました。チベットでは国家の宝石に指定されていて、健康と幸運を象徴し、悪から保護してくれる石として長い間信じられてきたそうです。
トルコ石は原石の形態上、セッティングが不可能で、12月の誕生石にはトルコ石の代替誕生石としてブルートパーズが存在します。12月が誕生日であるお客様は、ブルートパーズをお選びください。

WORLD SHIPPING

PLEASE SELECT THE DESTINATION COUNTRY AND LANGUAGE :

GO
close